nameko_ppppのゲーム攻略ブログ

第二のGameWith目指してます。

【MCreator】【Minecraft】MCreatorのバージョン2021.2がリリース!【アップデート情報】

f:id:nameko_pppp:20210828211720p:plain

8/25日(水)、MCreatorのバージョン2021.2がリリースされました。

mcreator.net

詳細

(英語バージョンは上のリンクから)

MCreator 2021.2 - 変更の流れ
MCreator史上最大のアップデート、2021.2が再び登場しました。今回のアップデートには多くの新機能が搭載されていますので、ぜひダウンロードしてお試しください。

Java 11
最も大きな変更点は、MCreatorのコンパイルと実行に使用されるJavaのバージョンでしょう。MCreatorはJava 11を採用しています。大したことではないと思われるかもしれませんが、このアップデートにより、プログラムのパフォーマンスが大幅に向上します。MCreatorは、高DPIモニターをネイティブにサポートし、OSとの統合性を高め、フォントレンダリングを改善し、全体的に鮮明なUIを実現しました。Java 11への移行により、Minecraft 1.17に必要なJava 16への移行も容易になります。

テーマ
もう一つの大きな機能は、MODの改良ではなく、MCreatorの使用感を向上させるものです。MCreator はプラグインから読み込まれるテーマをサポートするようになりました。以前のように2つの公式テーマがあります:ライトテーマとダークテーマです。ライトテーマは少し改良されており、ライトなインターフェースを好む人にとっては実際に使えるテーマになっています。また、テーマコンテストで入賞した2つのコミュニティ参加型のテーマも追加しました。詳細は以下のスクリーンショットをご覧ください。

新しいブロックベース
今回のアップデートでは、エンドロッド、プレッシャープレート、ボタンブロックベースの3つの新しいブロックベースを追加しています。プレッシャープレートのブロックベースは、以下のアクションでご覧いただけます。

そしてここでは、下の写真で機能的なレッドストーンロジックを持つボタンブロックベースを見ることができます。これは、あなたのMODで、より完全なウッドパックを作るのに役立ちます。

マインクラフトのボタンブロックベース

ブロックベースは、ワークスペースのMODエレメントリストに真の3Dプレビューが表示されるようになりました。これにより、探しているブロックを視覚的に素早く見つけることができるようになりました。

レッドストーンパワーコントロール
カスタムブロックは、固定出力または環境データやNBTデータを使用してトリガーできる条件付き出力のいずれかでレッドストーンパワーを放出できるようになりました。なお、レッドストーンパワーの変化を他のブロックが認識できるようにするには、ブロックプロシージャブロックを更新して、レッドストーンパワーの変化を近隣のブロックに通知する必要があります。

この新機能を使った新しい自動化や技術系のMODの登場が待ち遠しいですね。)

ポーションを効果とアイテムに分割
もう一つの大きな変更点は、ポーションの改造要素をポーションの効果とポーションのアイテムに分割したことです。ポーションアイテムは、ボトル内に複数のエフェクトインスタンスを持てるようになりました。プレビューでは、ポーションのボトルの色が適切に計算されます。既存のワークスペースは、この新しいシステムに移行されます。

Minecraftポーションは、ポーション アイテムとポーション エフェクトに分割されました。

オーバーレイターゲット
これは大きな問題です。カスタムオーバーレイは、Minecraft のあらゆる UI をオーバーレイできるようになりました(もちろん、条件付きで)。つまり、Minecraftのあらゆる画面にテキストや画像、アイコンを追加できるようになり、これまでよりもかなり多くのカスタマイズが可能になりました。

新しいMODエレメントリストビュー
これは新しくてきちんとした便利な機能です。これまでのものでは満足できなかった場合のために、いくつかの新しいワークスペースの mod 要素リストビューを追加しました。ドロップダウンから選択したり、Ctrl+マウスのスクロールホイールで拡大・縮小したりすることで、ビューを変更できます。

流体と植物の改良
流体には、缶ソースの乗算、流量、レベルの減少、スロープの検出距離、ドリップ粒子、光の不透明度、温度、色合いの種類、流れの強さ、流れの状態、ブロックプロシージャートリガーの交換前など、大量の新しいパラメータが追加されました。それらを以下のUIでご覧ください。

植物にも興味深い新しいパラメータが追加されました。下のビデオでご覧ください。

カスタムブロックとプラントのサウンド
カスタムブロックとプラントは、ステップ、ブレイク、プレイスなどのサウンドのカスタムサウンドセットを定義できるようになりました。

GUI チェックボックス
GUI に新しいコンポーネントチェックボックスが加わりました。この新しい要素を使えば、新しい方法でGUIを強化し、使い勝手を向上させることができます。

醸造レシピのポーション
ポーション(バニラとカスタム)がついに醸造レシピで使用できるようになりました。醸造レシピで使用するためにポーションボトルのカスタムアイテムを作る必要はもうありません。

釣り竿ツールタイプ
新しいツールタイプが追加されました:釣り竿です。tool mod要素で、カスタム手順を実行するカスタム釣竿や、釣竿のカスタムモデルを定義できるようになりました。

新しい変数タイプ
新しい変数タイプが追加されました。グローバル変数とローカル変数の両方でサポートされている、方向とブロックの状態のタイプを含みます。プラグインでも、新しいローカルおよびグローバル変数タイプを簡単に定義できるようになりました。

プロシージャの改良
今回のアップデートでは、大量の新しいプロシージャブロックが追加されました。その一部を以下の画像でご紹介します。

MOD要素リストのコンテキストメニュー
モッドエレメントリストに、ついにコンテキストメニューができました。これにより、Mod要素を選択してから編集するまでのマウス操作が格段に少なくなります ;)

MCreatorのMODエレメントリストのコンテキストメニュー

レシピのカスタムフルードバケット
カスタムフルードバケットがレシピやその他のアイテムを選択できる場所で使用できるようになりました。これを実現するために、専用のカスタムバケットアイテムを作る必要はなくなります。

レシピでのカスタムフルードバケット

ディスペンサー内のカスタムアイテム
カスタムアイテムは、カスタムディスペンサーの動作を定義し、ディスペンスされたときにカスタムプロシージャを呼び出すことができるようになりました。また、ディスペンサーがアイテムに対してどのように反応するかを決定する、ディスペンサーの成功条件を定義することもできます。

ディスペンサーのカスタムアイテム

Fabricプラグイン
Fabricプラグインについても触れておきたいと思います。開発者のGoldorionはこの数ヶ月間、このプラグインに力を注いできました。そして今、このプラグインはほとんどすべてのMODエレメントタイプと、プロシージャーブロックの半分以上をサポートしています。Fabricの改造に興味のある方は、そのプラグイン(2021.2に対応済み)をインストールして試してみて、プラグインの開発者にフィードバックしてみてください。さらに一歩先に進みたい方は、彼らのGitHubに参加して開発を手伝うことを検討してみてはいかがでしょうか。

リリースノート
既存のワールドセーブでログローテーションを使用したカスタムブロックの配置方向が変わることがある
カスタムコードMODエレメントのデフォルトテンプレートを変更しました。
一部のブロックのレジストリ名が変更され、翻訳や既存のワールドセーブが元に戻ることがある
[プラグイン] プラグインが新しいローカル変数タイプを追加できるようになりました。
[Plugins] ジェネレーター・プラグインがUIフィールドの除外または包含を指定できるようになりました。
[Plugins] プラグインがアップデートチェックのURLを指定できるようになりました。
[Plugins] プラグインが新しいエンティティモデルのアニメーションを追加できるようになりました。
[Plugins] プラグインがカスタムテーマを追加できるようになりました。
[プラグイン] プラグインが新しいグローバル変数タイプを追加できるようになりました。
重要なバグ修正
今回のアップデートでは、多くのバグが修正されました。すべてのバグフィックスは以下のリストに記載されていますが、より注目すべきバグフィックスは以下の通りです。

[Bugfix] カスタムアーマーアイテムをカスタムアイテムタグで使用できない。
[Bugfix] テキストプロシージャーブロックからの数字が10進数に対応していませんでした。
[Bugfix] 水面の動きが非常に遅い
[Bugfix] Set number game rule procedure blockが一部のケースでゲームをクラッシュさせることがありました。
[Bugfix] Light opacityパラメータが正しく動作しませんでした。
その他の改善点
すべての変更点とバグフィックスを詳しく説明すると記事が長くなりすぎるので、このリリースのフルチェンジログで全リストを見ることができます(これまでに言及されなかった重要な機能は太字でハイライトされています)。

JDK を OpenJDK 11.0.11 に更新しました。
Blockly を 2021 Q2 に更新
Minecraft Forge を 1.16.5 から 36.2.0 に更新
高DPI画面のネイティブサポートを追加
UI のパフォーマンスとレンダリングを改善
デスクトップタスクバーのプログレスインジケーターのサポートを追加
イメージエディタの透明度/不透明度のワークフローを合理化: 不透明度のスライダがカラーチューザーのスライダに置き換えられ、カラーチューザーが不透明度を選択するようになり、シフトクリックで2次色を設定できるようになり、カラーチューザーが透明度のプレビューを表示するようになりました。
翻訳のために多くのUIテキストを外部化
インポートフォーマッタのパフォーマンスを改善
コードジェネレータのパフォーマンスの向上
組み込みのGradle環境の安定性を改善
いくつかの場所で生成されたコードのスタイルを改善
mod要素リストフィルタのドロップダウンメニューの機能を改善
ワークスペースのmod要素リストの表示を改善
mod要素リストに右クリックコンテキストメニューを追加
プラグインの更新チェックシステムを追加
プラグインによるカスタムテーマの追加
コミュニティが提供する2つのテーマをコアに追加。MatrixとMidnight
エンティティアニメーションの定義をプラグインに移動し、プラグインがより多くのエンティティアニメーションを追加できるようになりました。
プラグインが新しいローカル変数タイプを追加可能に
プラグインが新しいグローバル変数タイプを追加可能に
カスタムGUIとオーバーレイMOD要素エディタのグリッド設定を保存可能に
新しいブロックベースのワークスペースのプレビューを追加: フェンス、フェンスゲート、ウォール、エンドロッド
カスタムGUIプロシージャブロックのテキストフィールドにテキストを設定する機能が追加されました
カスタムフルードバケットがアイテムリストに表示されるようになりました
カスタムフルードバケットの設定を追加: 名前、カスタムテクスチャ、レアリティ、空の音、特別な情報
カスタム流体ブロックのパラメータを追加: 抵抗、輝度、エミッシブレンダリング、可燃性
カスタムフルードブロックのトリガーを追加:ランダムなディスプレイティック時、爆発によってブロックが破壊された時
新しい流体プロパティの追加:色合いのタイプ、流れの強さ、流れの状態、ブロックの手順のトリガーを交換する前に、ソースを増やすことができる、流量、レベルの減少、および傾斜を見つける距離、ドリップの粒子、光の不透明度、および温度
エンドロッドブロックベースの追加
ボタン・ブロック・ベースの追加
プレッシャープレートブロックベースの追加
釣竿ツールタイプの追加
チェックボックスGUIコンポーネントを追加
カスタムブロックの有効な配置位置の条件を追加
新しいブロックプロシージャブロックを追加:ロケーションはブロックの有効な配置位置か
GUIに関連するすべてのトリガーと条件にギステート依存性を追加
プロシージャ選択システムの改善
ポーションの改造要素を効果とアイテムに分割
カスタムポーションのアイテムは、異なるプロパティを持つ複数のエフェクトを持つことができます。
ブロックにレッドストーンパワーコントロールのサポートを追加
テクスチャメーカーのテンプレートリスト検索バーを追加
フォルダの名前を変更するオプションを追加
カスタムブロックとプラントのサウンドセットを指定するオプションを追加
翻訳のために多くのUIテキストを外部化
カスタムテーマでUIの背景を指定できるようになりました
流体のティックレートのパラメータを追加
ポーション効果の刻み条件を追加
プレイヤー変数の設定および取得プロシージャブロックで、エンティティの依存関係の指定が可能に
カスタムアーマーMOD要素にファイアーイミュニティのパラメータを追加
バイオームとエンティティのリストを人間が読める名前で表示するよう改良
植物のパラメータが追加されました: 疑わしいシチューの効果と持続時間、生成パッチのサイズ
新しいエンチャントのパラメータを追加:村人のトレードに登場したり、戦利品テーブルで使用できるようになった
醸造レシピで、出力や入力としてポーションをサポートするようになりました。
プロシージャエディタにグローバルトリガーサイドインジケータを追加
サポートされている場合、プロシージャのアクション結果を指定できるようになりました
弾丸トリガーの依存関係に、レンジアイテムの弾丸エンティティを追加
アイテムMOD要素で、カスタムディスペンス動作を指定できるようになりました。
カスタムオーバーレイMOD要素のターゲットを指定できるオプションを追加
新しいアイテムプロシージャブロックを追加: is item food, get food value of item, get saturation value of item

新しいブロックプロシージャブロックの追加:ブロックの側面は固体である、落下するブロックの実体を生成する
新しいエンティティプロシージャーブロックの追加:酸素レベルの取得と設定、ブロックしているか、エリトラが飛んでいるか
プレイヤー用プロシージャブロックを追加:飛行速度の取得、歩行速度の取得
サウンドプロシージャブロックを再生するためのサウンドカテゴリパラメータを追加
ブロックの状態をサポートするプロシージャートリガーに依存性を追加
新しいローカル変数のタイプとプロシージャの戻り値のタイプを追加:Direction
新しいローカル変数タイプとプロシージャの戻り値のタイプを追加:ブロックステート
新しいグローバル変数タイプ:ブロックステートの追加
新しいグローバル変数タイプ:Directionの追加
[Bugfix, A 1.16.x] 鉱石パックツールで生成されたブロックのテクスチャーが壊れていました。
[Bugfix] 流体が正しく刻み込まれない
[Bugfix] プロシージャブロックのテキストからの数値が10進数に対応していませんでした。
[Bugfix] 一部のプロシージャブロックが特定のプロシージャエラーを検出しませんでした。
[Bugfix] カスタムアーマーアイテムをカスタムアイテムタグで使用できませんでした。
[Bugfix] 一部のMOD言語翻訳のインポートおよび表示が正しく行われませんでした。
[Bugfix] エンティティコリジョンボックスの無効化が機能しませんでした。
[Bugfix] 水のエンティティの動きが非常に遅い
[Bugfix] Set number game rule procedure blockが一部のケースでゲームをクラッシュさせることがありました。
[Bugfix] Light opacityパラメータが正しく動作しない
[Bugfix] その他いくつかの細かい修正と改善
今回のアップデートについてのご意見(お気に入りの新機能やバグ修正点など)をコメントでお聞かせください。私たちの活動を気に入っていただけましたら、このプロジェクトを継続するために寄付をご検討ください。

 リンク

MCreator News

MCreator News | MCreator

MCreator公式サイト

MCreator - The Best Minecraft Mod Maker Ever

自ブログ

nameko_ppppのゲーム攻略ブログ(hatena)

namekoppppのゲーム攻略ブログ(ameba)

MCreatorの解説#1、2

【Minecraft】MCreator解説#1環境構築編【MCreator】 - nameko_ppppのゲーム攻略ブログ

【Minecraft】MCreator解説#2ワークスペース作りとModの要素編【MCreator】 - nameko_ppppのゲーム攻略ブログ

 

MCreatorの進化が止まらない。